若ハゲ予防の対策






若ハゲになった事例と、若ハゲ予防の対策


私が知る、若ハゲになった事例をご紹介します。

以前勤めてた会社の元請けの方なのですが、その方アトピー持ちで肌のことで色々悩んでいたのは知っていたんですが、仕事が忙しいことと、極端に酷くならなかったことで慣れてしまったこともあって、病院には行っていなかったようです。

その数年後、その方は20代半ばだったのですが、明らかな薄毛になっていました。
結婚したばかりだったこともあって、他の同僚からは「嫁さん貰っといてよかったな」なんて冗談半分で言われてましたけど、原因はきっとアトピーでしょう。

私自身もフケやかゆみが悪化して皮膚炎になったとき髪が痩せて行き、そして抜け毛も目立つようになりましたから。
私の場合は、かゆみやフケが我慢できないくらいだったから皮膚科へ通院していて、徐々に改善して行ったのですが、私自身、病院に行かなくても良いほどに改善したのはシャンプーでした。

アトピーだって、肌の抵抗力が弱いことが原因の一つだと思います。
私はアトピーほどではありませんでしたが、スカルプシャンプーとか育毛シャンプーと言われる頭皮の健康に良いシャンプーに変えてから良くなりましたから、私たちのような頭皮が敏感な人にとって安価な合成シャンプーは、どれだけ刺激が強いものかと思うと、改善した今はもう怖くて使えないですね。

育毛シャンプーは男性用、女性用、男女兼用と様々です。
⇒今人気はこちら

まずは何よりシャンプーによる頭皮ケア。
これは私自身の経験からもおすすめというレベルではなく、必須ですね。

ヘアケアは早いに越したことないですからね。
悩む前に、育毛シャンプーをベースに考えましょうと言いたいですね。