植毛や増毛、カツラのメリットとデメリット






植毛や増毛、カツラのメリットとデメリット


薄毛や抜け毛の悩みは、男性のみならず女性の悩みでもあるそうです。
テレビやラジオの通販番組でも育毛剤など扱われることが多いことからも分かります。

ハゲを改善する方法は、いまたくさんあります。
植毛や増毛もその一つですし、昔からあるカツラも薄毛をカバーする方法の一つとして広く知られています。
ですが、それぞれメリットもあれば、デメリットもあるのはご存知でしたか?
ここでは、代表的な事例をお伝えしたいと思います。

まずは、植毛について紹介します。
植毛には、人工毛の植毛と自毛の植毛があります。

前者は人工的に作られた毛を頭皮に埋め込んでいくものです。
メリットとしては、手間もかからず施術完了までが早く、見た目も見違える様に良くなります。
ですが、人口毛ですので毛は伸びないというデメリットがあります。
また、保険が適用されませんので、高額な施術料金になります。
そのほかには、頭皮に埋め込んでいく方法ですので頭皮に傷がつき、感染症を引き起こす可能性があることも覚えておいた方が良いでしょう。
これらのことから、アメリカでは人工毛の植毛は禁止されています。

そして、自毛での植毛です。
自毛での植毛のメリットは、自毛ですので毛も自然と成長し、伸びてきます。
その結果、より自然に薄毛を改善する事ができます。
デメリットは、施術費です。
一度で全ての施術が完了せず、時間もかかりますので、その分高額な施術費を毎回支払わなければなりません。

次は増毛です。
増毛は、その名の通り毛を増やす方法となります。
施術方法は、人工の毛を自毛に結び付け、薄くなっている部分に毛を増やしていく方法となっています。
最大のメリットは、価格が手ごろになっていることです。
クリニックによって値段は変わってきますが、1本約40円程度で施術が可能だそうです。
一般的には1000~2000本の毛が必要になりますので、合計すると約40000円~80000円ほどだそうです。

気になるデメリットは、人工毛を自毛に結びつけるので、自毛への負担は大きくなります。
その結果、薄毛の進行を進めてしまう場合があります。

そして最後はカツラです。
現在のカツラは非常に進化していて、とても自然に簡単に着用する事ができます。
メリットとしては、装着が簡単で手間がかかりません。
そして自然な見た目を手に入れる事ができます。
デメリットは、値段が高い点です。
ピンきりですが、一般的にそれなりのものと思えば60万円ほどの予算がかかってしまうそうです。

このように、3つのメリット、デメリットを紹介していきましたが、どれもコストはやはりかかってしまいます。
それぞれ特徴も違いますし、年齢や性別によっても選ぶ方法が変わってくると思います。

私自身は薄くなり始めた頃に、育毛剤と育毛シャンプーの併用から改善しました。
しかし、自分の毛髪を取り戻すにはハゲの進行具合にもよりますが、半年から2年くらいは掛かるかもしれません。
今すぐにという場合は、これらの中から予算と相談し、ご自身にあった方法を選んでみるのも一つの方法と言えるでしょう。
ただ、メリットとデメリットはしっかり吟味したほうが良いでしょうね。